Amaneke! Newsletter

By Amane Katagiri

ライフ 人間と科学シリーズ

ライフ 人間と科学シリーズ

By subscribing, you agree with Revue’s Terms of Service and Privacy Policy and understand that Amaneke! Newsletter will receive your email address.

Stay up to date, be part of a community and show your support.

Stay up to date, be part of a community and show your support.

9

subscribers

10

issues

#10・

あまねけ!ニュースレター #10

11/23(火祝)は第三十三回文学フリマ東京でした。僕が所属している変態美少女ふぃろそふぃ。は、いくつか新しい企画を用意して評論情報島のチ-36で新刊・既刊各種を展開しました。

 
#9・

あまねけ!ニュースレター #9

同様の内容がサークル公式ページにも投稿される予定です。さて、第三十三回文学フリマ東京がとうとう来週11/23(火祝)に迫っています。僕が所属している変態美少女ふぃろそふぃ。は、チ-36で新刊・既刊・その他たのしい展示をお見せする予定です。今回は、当日の予定についていくつかおさらいしようと思います。

 
#8・

あまねけ!ニュースレター #8

スーパーピクセル (2)スーパーピクセルの進行は順調です! 近日中に予告ページを公開する予定です。

 
#7・

あまねけ!ニュースレター #7

スーパーピクセル#2で、小さなピクセル数のドット絵で表紙を作る実験についてお伝えしました。この取り組みが実を結び、現在文フリ東京33で発行予定の新刊の表紙について21×14ピクセルをベースに進行中です。ただし、やはり複雑な物体や人体を再現するのは難しく、またのっぺりとしたメリハリのない仕上がりになるのを避けるため、一部のピクセルを細かく分割することでより良い表現ができないか試しています。もちろん、ピクセル分割は全く制約なく行えるわけではなく、2分の1あるいは4分の1に分割して最大ピクセルのアライメントに揃えるとい…

 
#6・

あまねけ!ニュースレター #6

infarminfarmはドイツ発の次世代型屋内垂直農法を提供する企業です。最新のIoTと機械学習とクラウドと――で効率的なスマート農業システムを実現しています(プレスリリース)。先日某所のスーパーに立ち寄ったところ、野菜コーナーの一角でこの野菜工場が展開されているのを見かけました。幅は商品棚より少し大きく2メートルくらい、奥行きは1メートルほどあります。

 
#5・

あまねけ!ニュースレター #5

東横神社大倉山にある東横神社は、その名の通り東急グループが所有している神社です。伊勢神宮から勧請した天照大神と共に同グループの功労者45柱が合祀されており、関係者以外は立ち入ることができません。

 
#4・

あまねけ!ニュースレター #4

xstarfishとjelatofish

 
#3・

あまねけ!ニュースレター #3

Irigasaki 4 seasons僕が初めて迱里ヶ崎を訪れたのは、修士課程1年目の夏のことでした。その年は普段よりも梅雨明けがずっと早くて、空がぐっと青かったことを覚えています。広い海に面した小さな町では漁業が盛んで、その豊富な水産資源はとある研究所の調査対象にもなっているほどです。迱里ヶ崎は根強い人気を誇る保養地であり、特に神巻地域は歴史のある別荘地としてもよく知られています。僕は春と夏の迱里ヶ崎にしか行ったことがありませんが、秋や冬はまた別の顔を見せるらしいです。僕が迱里ヶ崎で撮った写真は海辺のものばかり…

 
#2・

あまねけ!ニュースレター #2

ドット絵と表紙11月の文フリ東京33で発行する予定の冊子のために、小さなピクセル数のドット絵で表紙を作る実験を行っています。初期段階として、これまでに撮影した写真をベースにドットを打っているところです。単に縮小と減色を施すだけでは味気ないモザイク画像しか得られないので、いろいろと工夫が必要そうですね。

 
#1・

あまねけ!ニュースレター #1

ドメインカード僕が ama.ne.jp というドメインを取得して、今年で7年目になります。振り返ってみると、あまねけ!の前身は、 ktgr.xyz や forestgirls.com でした。最初は小さなVPSで手書きのHTMLを配信していましたが、引っ越しを機に自宅サーバでTornadoベースのブログシステムを立ち上げたり、HSTS preload listに ama.ne.jp を登録したりしていました。現在では、複数のホスティングサービスで静的サイトとして運用しています。長く運用したドメインに必要なのは、マ…