View profile

あまねけ!ニュースレター #1

あまねけ!ニュースレター #1
By Amane Katagiri • Issue #1 • View online
こんにちは、あまねです。このニュースレターでは、週刊~隔週刊のペースで以下のようなトピックを取り扱います。
  • 人間と科学: 日常の記録や趣味のアイデア、活動紹介が2~3トピック続きます。
  • ツイッター: 「人間と科学」よりも楽しくない評論や考察が0~2トピック続きます。
  • アマネイメージズ: amaneimages.comから1枚写真を選び、関連するシーンの引用や短い書き下ろし、撮影時のエッセイなどが1トピック続きます。
感想や興味のあるトピックについて、ぜひコメントしてください。

人間と科学
ドメインカード
僕が ama.ne.jp というドメインを取得して、今年で7年目になります。振り返ってみると、あまねけ!の前身は、 ktgr.xyzforestgirls.com でした。最初は小さなVPSで手書きのHTMLを配信していましたが、引っ越しを機に自宅サーバでTornadoベースのブログシステムを立ち上げたり、HSTS preload listama.ne.jp を登録したりしていました。現在では、複数のホスティングサービスで静的サイトとして運用しています。
長く運用したドメインに必要なのは、マンネリを打破するかわいいドメインカードでしょう。かわいさ重視なら、もちろん厚手の名刺やポストカードに印刷するのが最善ですが、昨今の状況で直接カードを渡しに行くのはなかなか難しそうです。
かわいさの例
かわいさの例
もちろん、画像ファイルのままでもかわいさは衰えません! TXTレコードなどを使って他のドメインを所有している人とカードを交換できるようなシステムがあったらいいな、ということを考えています。
アマチュア無線の分野では、通信相手とQSLカードという交信証明書を交換するという文化があるようですね。実際のQSLカードのギャラリーを見ると、自局の場所にまつわる写真やイラストと共にお互いのコールサインなどの情報を記しているようです。
Isabella the Monero Girl
Moneroは、本人以外が保有額や取引履歴を追跡できない匿名性の高い暗号資産です。低い決済手数料で比較的速く送金できるため、あまねけ!変態美少女ふぃろそふぃ。でも寄付の決済手段として採用しています。
そんなMoneroには、Isabella the Monero Girlというマスコットキャラクターがいるようです。Moneroのロゴマークの髪飾りを付けたポニーテールの女の子で、表情豊かな17枚のステッカー(スタンプ)がとてもかわいいですね! 健康的な褐色肌にすることで、シンプルながらロゴマークを引き立てる洗練されたデザインに仕上がっています。
Isabella the Monero Girl from https://imgur.com/a/JWVsbR6
Isabella the Monero Girl from https://imgur.com/a/JWVsbR6
これらのステッカーはTelegramSignal、そしてMatrixですぐに利用することができます。今すぐ@amane:matrix.amane.moeでステッカーのやりとりをしましょう!
絵を描けるようになりたいですね。Otachanとかも好きです。
プラントボールと人類の未来
IKEAのプラントボールを食べました。昨年の10月から発売されていたらしいです。文字通り、植物由来のミートボール――原材料は「エンドウ豆タンパク質、オーツ麦、じゃがいも、りんご」と書かれています。いわゆる大豆ミートのエンドウ豆バージョンといったところでしょう。
プラントボール
プラントボール
肉の代わりに、キノコ、トマト、野菜のローストなどのうまみ成分を加えることで、おいしい肉のような味を実現しています。
とあるとおり、代替肉にありがちな押しつけがましい香りや旨味は健在でしたが、大豆ミートで特に顕著だった豆臭さがほとんどなく、日々の食事に取り入れても問題ないほどの完成度を感じました。
ただし、食感については焼きすぎた肉のような締まった固さが残っており、まだ改良の余地がありそうです。チーズインハンバーグのように、中にジューシーマテリアルを仕込んだりすると嬉しいかもしれません。
代替肉の進化は素晴らしいですね。実のところサステナブルな取り組みにはあまり興味はないのですが、SFライクな創作に取り入れる小ネタの参考になります。
ツイッター
今回はありません。
アマネイメージズ
道の向こうに
道の向こうに
「ピンクの麦わらってさ、趣味悪くない?」
「どうして? 可愛いじゃない。それに、ミキさんはこんなの着けてなかったでしょ?」
リリがその場でくるりと回ってみせた。白い肌とシルバーの毛先が、朝日に照らされてよく輝いている。パステルピンクの麦わら帽子を淡いピンクのワンピースに合わせると、まるでmoemoe emoTIONのジャケットアートみたいだ。
ペットボトルを一口。深呼吸をして、海岸に続く遊歩道を歩き始める。案内板には遊歩道と書かれているものの、人がやっとすれ違える幅のぼろぼろの舗装に、左右は伸び放題の背の高い雑草が作る大きな壁で圧迫されているので、気分はまるで秘密の抜け道だ。
「サナ、今日はとっても天気がいいわ。楽しくなりそうね」
リリに倣って振り返ると、道の向こうにぐっと深い青空と輝くような白い雲が見える。このまま、どこまでも行けたらいいのに。
Did you enjoy this issue?
Become a member for $5 per month
Don’t miss out on the other issues by Amane Katagiri
Amane Katagiri

ライフ 人間と科学シリーズ

You can manage your subscription here.
If you were forwarded this newsletter and you like it, you can subscribe here.
Powered by Revue