View profile

あまねけ!ニュースレター #10

あまねけ!ニュースレター #10
By Amane Katagiri • Issue #10 • View online
こんにちは、あまねです。
11/23(火祝)に文フリ東京33があり、準備と片付けでちょっと発行が遅れました。今週まで文フリのお話をします。
感想や興味のあるトピックについて、ぜひコメントしてください。

当日のこと
11/23(火祝)は第三十三回文学フリマ東京でした。僕が所属している変態美少女ふぃろそふぃ。は、いくつか新しい企画を用意して評論情報島のチ-36で新刊・既刊各種を展開しました。
今回はいつもの「小説|百合」ではなく、「評論・研究|サブカルチャー」というジャンルで申し込みを行いました。島替えと新企画の展開を同時に行ったのでどちらの効果かは分かりませんが(もちろん、条件を1つだけ変えるのは比較実験の鉄則です!)、結果として多くの注目を集めることができたよいブース運営になったと思います。
前回の文フリ(2021年5月)は新型コロナウイルス感染症の広がりが危惧されていた前後の時期であり、一概に比較するのは難しいとは思いますが、かつて「小説|百合」で感じていた閉塞感・マンネリ感は薄れていました(このあたりのもやもやは百合お手紙・百合フイルムとふりかえり#雑記に書いています)。
いずれにせよ、わたしたちは必ずしもメインストリームの 百合 に立つ必要はないのだから、わざわざ「小説|百合」で申し込む必要はないと理解できたのはいい収穫でした。
以下、各企画についてもう少し詳しいことを述べていこうと思います。割愛した部分も含め、改めてあまねけ!で展開する予定です。
足は目よりも物を言う
フローチャートボードは、はい/いいえで答えることができる質問を辿っていくことで、最終的におすすめの既刊についての情報を受け取ることができる企画です。
やってみよう!おすすめブックフローチャート(クリックでちょっと拡大)
やってみよう!おすすめブックフローチャート(クリックでちょっと拡大)
構成は大まかにはこんな感じでした。印刷用のデータを加工しているので、サンプルの貼付箇所が空白だったり、縮小のためちょっと文字が見にくくなっているところがありますが、設営完了ツイートと合わせて当日の雰囲気を感じていただけるとうれしいです。
フローチャートボードは明らかに大きな効果がありました! たくさんの人がブースの前で足を止め、10秒~1分間ほどボードを眺めているのを何度も確認することができました。もちろん、足を止めた全ての人が作品を購入してくれたわけではないのですが、ボードを見て 百合の定義 について二言三言話す人もいましたし、意義のある企画だったと思います。
今回の反応を踏まえると、フローチャートボードには大きく分けて3つの利点があると考えられます。
まずは、ボードを見て分かるとおり広告力を拡大できます。今回はフローチャートによっておすすめの既刊を紹介するという内容でしたが、その結果比較的辿り着きやすいVesuvaの売り上げがかなり高くなりました。もし必要なら、新刊の宣伝を全面に押し出すこともできますし、さらに工夫を凝らしたデザインにもできます。
次に、売り子と購入者を十分に隔離できます。感染拡大防止の観点からも好ましいですね。購入者は売り子の視線を気にせず長い時間企画に集中できますし、売り子は購入者の動きを観察して作品を紹介したり、本を読む手を止めてじっと待つ必要がありません。これは、お互いに不要な(特に外見の)情報を明かさずに済むという利点でもあります。ラブホパネルとフィッシングで「同人誌即売会は釣りのようなもの」と述べたことがありますが、名付けるなら全自動魚釣り機のような体験を得ることができます。
ブースから見える景色(誰もボードを見ていない瞬間)
ブースから見える景色(誰もボードを見ていない瞬間)
そして最後に――これは売り子だけの利点ですが――通行人の視線に惑わされることがなくなります。今回のフローチャートボードの設計では通行人の膝から足元までしか見えないため、どこに視線が向けられているか観察することができません。しかし、ボードに注目してフローチャートを読もうとしてくれる人は、必ず視線とつま先が同じ方向を向くのです。百合お手紙・百合フイルムとふりかえり#雑記でブースを流し見るだけの通行人について触れましたが、彼らは決してわたしたちのブースに足を向けることはありません。
フローチャートボードは多くの可能性を秘めています。例えば、前回(2020年11月)展示したラブホパネルと組み合わせることで、さらに匿名性を高めることができるでしょう。
印刷版チケットとあなた
印刷版チケット付きパンフレットは、作品の紹介 + 電子版の提供 + 印刷版の無料提供が一体となった新しい取り組みです。パンフレットについてはここではチケットのスリーブ程度の扱いとし、主に印刷版チケットについて触れていきます。
印刷版チケット(見本)
印刷版チケット(見本)
印刷版チケットは、特定の条件で印刷版を発行・配布することを保証する事後生産型の実装です(事前生産型と事後生産型については#7で触れています)。今回の条件は「チケットが20枚以上発行されていること」です。印刷所の最小ロットに達するまで、印刷は開始されません。
印刷版の発行を 急がせる には、印刷版チケットが十分な数だけ発行されるよう宣伝する必要があります。印刷版はすぐに発行されるかもしれませんし、永遠に発行されないかもしれません(これは不確定要素という意味で リスク です)。この役割は本来サークルのみが背負うべきものでしたが、この方式ではチケットを持っている全ての人に宣伝に参加するモチベーションを与えます。もちろん、宣伝に参加せずに電子版を楽しんでもよいですし、これまで通りライセンスに基づいてPDFを再配布したり、自分で印刷して売り出すことさえできます。
このチケットには、見本として示している表面の「確認用QRコード」と、裏面の「変更用QRコード」が記載されています。変更用QRコードを用いると印刷版の受け取り情報を登録・変更でき、確認用QRコードでは情報登録の有無と最終更新日時を確認できます。
印刷版チケット付きパンフレットについては、今週中に通販での取り扱いを始める予定です。現時点での最低送料はクリックポストの198円ですが、このパンフレットだけの注文なら定形郵便物として84円で送れるかもしれませんね。もちろん、印刷版が発行された後でまた送料がかかってしまうのですが。
チケットの発行状況や印刷版の発行計画については、サークル公式ページサークル公式Twitterの最新情報を確認してください。
変態美少女ふぃろそふぃ。
文フリ33から撤収しました!今年の即売会参加はこれで終了です。 https://t.co/o5Y8R2xltJ
たのしいイベントでした。ありがとうございました。
Did you enjoy this issue?
Become a member for $5 per month
Don’t miss out on the other issues by Amane Katagiri
Amane Katagiri

ライフ 人間と科学シリーズ

You can manage your subscription here.
If you were forwarded this newsletter and you like it, you can subscribe here.
Powered by Revue